Reon with LR & Roses

我が仔を守るのは飼い主

今朝病院から抗がん剤(ロムスチン)が宅急便コレクトで送られてきたので早速(9時40分)ララに飲ませました。
先日は病院になくて、カプセルのお薬を家で飲ませればいいし今回は送ってくださったのです。
副作用は少ないって言われたけれど、どうだろう?
先日のCT検査でお泊りして帰ってからは食欲もあったのですが、、、
今朝はフードを全然食べなくてレバージャーキーを3個食べた。
夕方帰宅するとおいやしモードでしたが、大目に盛った生肉(蒸した人参、ブロッコリー、
ゴボウ、マイタケをトッピング)をペロペロっと食べました^^
抗がん剤が効いてきたってことはないよね?笑
今のところララに変わりはなくて、1週間先には副作用をチェックするために通院します。
b0075541_19591347.jpg
2015年の菜の花
今年もぼちぼち咲いているかな?




過ぎてしまったことを考えても仕方がないのはわかっています。
どの段階がいけなかったんだろう?
やっぱり振り返ってしまいます。
最初のCT検査の際、腫れていたリンパを切開して組織を採取して検査に出しました。
その結果が送られてきて、「辺縁帯リンパ腫」ということで悪性でないことに安堵したのでした。
でも白く写る肺の一葉が器質化していると言われ、CRP(C反応性たんぱく)が測定不能だったり
低くても13ということが続いて抗生剤をいろいろと変えて処方していただきました。
ステロイドは肺炎に悪いこともあるということで、ララが全然食べられなくなってから処方していただきました。
途中で手術をして器質化した肺の部分を切り取る方法もあるけれど、心臓が近いしリスクがあると言われました。
でも先生も勧められなかったし、悪性ではないと思っていたから同じ治療を続けました。
ステロイドを始めた頃は食欲も戻ったのですが、最近ではまた食欲にムラがあったり散歩に行きたがらなかったりで
3か月ぶりに2度目のCT検査をして今度は細い針で肺の患部の組織を採って検査してくださいました。
そしたら「悪性組織球肉腫」という病名がついてしまいました。
しかも3か月前は綺麗だった肝臓に転移が見られるというのです。
この病気は早期になるべく病気の部分を外科的に取った上に抗がん剤でたたくのがベストらしいです。
他に転移が見られたら肺の部分を手術することもできません。
今回針で採取できたのなら前回だってできたのでは?
器質化した肺を針で刺したら肺に穴が開いて気胸になるかもしれないからとされなった。
前回の検査結果が間違っていたの?

今まで白く写る肺と辺縁帯リンパ腫について調べても載っている文献を見つけることができなかった。
初めリンパ腫かもしれないという段階でリンパ腫については調べたけれど悪性組織球肉腫については
調べなかった!
きのうきょうと調べてみたら、、、
「組織球肉腫では強い炎症が引き起こされることがわかっており、”炎症”をどのように制御していくかが今後の課題であると思われる。」
「治療は腫瘍が局所的病変の場合は積極的な外科的切除が推奨されるが、多くは肺やリンパ節、腹腔内臓器への転移が急速に進行し、抗がん剤を用いた全身療法が必須となる。」
「ロムスチン(CCNU)を用いた場合の生存期間中央値は100~120日程度とされ、現時点で
有効性の高い治療法は確立されていない。」

CRPが下がらない理由とかも調べなかったな、、、
「すでに治療を行っていても、CRPが下がらないのであればセカンドオピニオンも必要かもしれません。」
と書いてありました。

れおんが貧血が酷くてかかりつけ医ではバベシアを疑い、検査に出して違ったら
「免疫介在性溶血性貧血の治療を始めましょう。」と言われた。
それならと私は今の先生に診ていただくことにしたのでした。
初診でお腹を触った先生が「お腹に腫瘍がありますよ!」と見つけてくださった。
私は信頼していたその先生の治療を疑うことをしなかった。
「肺の白い影が小さくならないのはなぜ?」
「CRPが下がらない原因は?」
悪いものだとわかっていたらリスクがあってもすぐに手術していただいたと思う。
結局私が先生にきちんと伺わなかったからここまで時間が経ってしまったのね!
今後ララの抗がん剤治療がどういう風に進んでいくかはわからない。

なぜ私が今更こんなことをここに書くのかというと、
もしこれを読んでこの病気の症状にこんなものがあるということを頭の隅にでも残してくださったら
我が仔が病気になった時、同じような症状があったらこの病気を疑うことができるかもしれないと
思うから。
同じ病名でもその仔によって症状は違うものね。
確定診断って難しいものなんですね!

思っていることをうまく書けないけれど、、、
おこがましいかもしれないけれど、、、
by Reon-Roses | 2017-02-08 20:10 | ララ | Comments(8)
Commented by 良&昭子 at 2017-02-09 10:28 x
ララちゃん抗がん剤治療始めましたか~!
前を向くしかないと判って居ても、あの時だったらとかあの時であればまた違ってきてたのではとか、色々な思いが巡ると思います。
高い確率で癌化する因子を持っていると聞くと、防げることは神のみぞ知る世界のように思ってしまいますネ。

狂犬病ワクチンや混合ワクチンは、外飼いしている犬に有効なワクチンでしかなく、特にガンは避けることは困難なように思えます。
ちょっと元気が無いなと病院へ連れて行き、その時になって命懸けの大きな病だと診断されるのはオーナーとしては辛いものですよネ。
れおんの母さんの揺れる気持ち良く判ります。
抗がん剤が効いて、癌が収縮してララちゃんが元気になりますように~~
食欲が有れば、まだまだララちゃん頑張れます♪
萎える気持ちを持ち上げて、ララちゃんと共に闘って上げて下さい。
Commented at 2017-02-09 14:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Reon-Roses at 2017-02-09 15:18
✩*___良&昭子さん___*✩
はい、きのう一回目を飲ませました。
今の所吐き気も下痢もなく普通にしています^^
そうそう、どうなんかな?と思いつつも言えなくて時間だけが過ぎてしまいました。
最終的にはララの運命かと思うしかないのでしょうが、今はあれこれと思いが交錯しています。
やっぱり勇気をもってララのために言わなくてはいけなかった!
もう遅いですが、、、
胃腸の強いララだから抗がん剤が効いてくれることを祈っています。
少しでも元気になったらまたララと一緒に遊びます♪
Commented by Reon-Roses at 2017-02-09 19:41
★*___鍵コメ 2017-02-09 14:19さん___*★
こんばんは^^
思うことを書き記しただけで大丈夫ですよ!

いつも読んでいただいていてありがとうございます^^
調子がよくないながらも1月の半ばくらいまでは散歩もなんとか行っていたのですが
段々行きたがらなくなってきました^^;

あとからこんな風に思うならその時々でちゃんとしろ!と言う声が飛んできそうですが、、、
それがその時にはできなくて残念です^^;;

きのうの朝、一回目の抗がん剤を飲ませて以来吐き気も下痢もないのですが今夜はご飯を食べてくれません^^;
冷凍庫に残っていたのがラパンだったのですが、これがいまいち好きではないようで、、、
ちょうど届いたお肉を解凍中ですが、食べてくれるかどうか??

ブリーダーさんたちもバニの病気を無くすべく頑張っておられるので期待したいですよね!
ララの経過を読んでくださってそんな感想を持ってくださって嬉しいです。
自分の失敗を恥ずかしながら載せた甲斐があったというものです。

うんうん、今後も自然体でバニライフを楽しんでいきたいです♪
Commented by さやか at 2017-02-10 17:08 x
お久しぶりです*
ララちゃんの様子を陰ながら応援しておりました。
あぁ今日はご飯を食べれたのね^^とかお散歩幸せそう❤️とか*

私も飼っていたバニちゃんの診断結果を聞いた時に
もう少し早く調べてもらっていたらこうだったのに...と
いろいろ考えたものです。
当時を思い出しママさんのブログを読んで涙が溢れそうになりました。
少しでもお薬が効いてララちゃんの中にいる
悪い子がなくなりますように!
Commented by at 2017-02-11 18:00 x
れおんの母さん、Laraちゃんの症例をわかりやすく伝えてくださり、ありがとうございます(゜-゜)(。_。)
Laraちゃん、あと少しで誕生日、その後に春がやって来ますU^ェ^U
れおんの母さんもララ父さんもLaraちゃんも、そして私も一緒に、みんなで春を迎えましょうd(⌒ー⌒)!
私が暮らす地方は、また雪の影響を受け、予断を許さない状況です(((((((・・;)
れおんの母さんが暮らす地域は雪の影響は無いかも知れませんが、少しお出掛けは控えて、Laraちゃんとの時間を大事に過ごしてくださいね\(^o^)/
Commented by Reon-Roses at 2017-02-12 13:45
☆*___さやかさん___*☆
お久しぶりです!
お元気でしたか?^^
いつもララのことを見守ってくださってありがとうございます^^♪
普段と変わらない日常がどれだけ大切なことか!!
わかっているからララと一緒に楽しんできました♪ 

さやかさんもバニちゃんの病気のことでは同じようにいろんな思いが交錯されたんですね!!?
きっと誰しも後悔をしないことはないのかもしれませんよね。
ララのこと、これからも見守ってやってくださいね^^
Commented by Reon-Roses at 2017-02-12 13:55
★*___政さん___*★
これまでの経過を明らかにして自分の気持ちを整理すること。
バニに多い病気の実際を少しでも目にしていたら、わが仔が病気になった時参考になることがあるかもしれないから。
そんな思いで書き記しました。
ララの様子を見ながら冬の庭のお手入れをしてきてやっと終わりが見えてきました。
お庭ももう春の準備が整っています♪
今回はこちらは雪は積もるほど降りませんでしたが、そちら方面はまた大変ですよね!
ふふ、きのうはララ連れでちょっとお出かけしてしまいました^^;
無理はできないけれどララはお出かけが好きだから、、、^^